美吉野醸造株式会社

奈良吉野の風土を理解した
伝統製法による米のうまみが伝わる酒造り 

当蔵元「美吉野醸造株式会社」は、紀伊半島の中心・吉野川を臨む六田(むだ)に1912年に蔵を構えました。千本桜で知られる奈良吉野で豊かな自然の恩恵を受け、手造りだからこそできる「米の旨味が伝わる酒」を醸しております。

代表銘柄「花巴」のあらまし

千本桜で全国的にも名が知られる吉野山。その吉野の桜はほとんどが山桜で、修験道の開祖 役行者が日本独自の仏である金剛蔵王権現を祈りだした時、その姿をヤマザクラの木に刻みお祀りしたことから、以来、蔵王権現や役行者に対する信仰の証として信者たちによって献木として1本1本と植え続けられたことで、その美しき桜の風景がつくりあげられてきました。
 
当蔵元で醸している「花巴」の
「花」は、そのヤマザクラを、
「巴」は、そのひろがりを意味しております。
 
 「花巴」は、明治時代まで、吉野山にある蔵元で醸されていました。しかしながら、火事で蔵が焼失し、銘柄が途絶える危機となりました。そこで、先代の橋本をはじめとする吉野六田の地で4軒合名会社を設立し1912年、現在の吉野川のほとりに拠点をつくり、花巴の銘柄を引き継ぎました。
 
代々大切に受け継がれてきた、花巴(はなともえ)という清酒銘柄に誇りをもち、吉野山の桜のように1本1本を大切に蔵元の思いを込めてお客様へお届けしたいと考えております。

酒造りのこと

当蔵元では、創業より上質な酸の出る蔵でした。奈良・吉野がある紀伊半島は山深いその立地ゆえに昔から保存文化が根付いている地域です。漬物や味噌・醤油のように塩漬けを行わないと腐ってしまうぐらい、自然と発酵が進む多湿な山林地帯です。その吉野の発酵・保存食文化と共にある酒造りとは何かを考えてゆくこと、発酵による酸を抑制する酒造りではなく、酸を解放する酒造りにたどり着きました。
 
日本酒で酸というと酸っぱいイメージが先行すると思いますが、決して酸っぱい酒を造りたいわけではなく、酸と旨味を同調させ、伝統製法の持つ乳酸のニュアンスをかりることで、お酒に多種多様な表情を出し、酸が悪者ではないという事を表現しております。

そのためには、乳酸の生成方法の違いから山廃・水酛・速醸の3つの製法が持つ酸の質感を崩すことなく全面に引き出すことが必要で、なおかつ旨味を残せる発酵が出来ることが必要になります。その2つを実現されるには、自然の摂理である自然淘汰と自然共存を意識した酵母無添加の製法しかないと考えるようになりました。
 
そのようにして出来たお酒を通じて、初めての味わいに出会い、今まで気づかなかった美味しさに触れてほしい。その結果、びっくりして戸惑ったとしても、奈良・吉野に来ていただき風土を実感していただければ必ず腑に落ちる酒蔵りをしているつもりです。
 
美味しさの幅を広げられる酒でありたい、それが花巴の価値であるからこそ酵母に頼らず風土に根差した酒造りを続けてゆきます。一歩づつ確実に歩んで行けるよう、私どもが精一杯の努力を注いでお造りした「清酒花巴(はなともえ)」が皆様にご愛顧いただけますよう心より願っております。
 
※2017醸造年度より、弊蔵のすべてのお酒を酵母無添加にて製造しております。

0746-32-3639
webinfo@hanatomoe.com

営業時間 : 9:00~17:00 
奈良県吉野郡吉野町六田1238番地1
電車でお越しの方へ 
近鉄吉野線 六田駅を下車徒歩10分 
「近鉄あべの橋」駅又は「橿原神宮前」駅から「吉野行き」に乗車してください。

 

美吉野醸造株式会社

吉野の風土に寄り添い、人の心に伝わり、感銘を与え、腑に落ちる酒

  • 飲酒運転は絶対にやめましょう。
  • お酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。