美吉野醸造株式会社

吉野の林業が日本酒のミライを切り開いた

美吉野醸造の酒造りには、地域の歴史文化は欠かすことのできない大きな要素となっています。そのひとつが酒を造る樽・桶があります。蔵のある奈良県吉野郡は昔から林業の盛んな地域でした。蔵の横を流れる吉野川(紀ノ川)上流にある川上村は、室町時代から500年の植林の歴史を持ち、林業がしっかり根付いた地域です。
この川上村は、樽・桶の部材(樽丸)をつくる産地として発展してきました。樽丸とは樽・桶をつくる側板のことで、山から切り出した木を側板として加工し、吉野川を筏で下り、海に出てから西宮・堺へと運ばれていきました。
実際にこの樽・桶ができる前は壺などで酒造りが行われ、少量生産で持ち運びも難しく、
地域消費が中心でした。

樽は西宮で作られ、桶は堺で作られ、名醸地の灘に運ばれ酒造りが盛んに行われました。そこでこの吉野の樽丸が樽・桶を生む材料として大いに用いられたことで、日本酒の大量生産と運搬が可能になり、灘の酒が樽廻船で江戸へと運ばれ灘は酒造りの名醸地として知られるものとなりました。

なぜこの奈良の山奥で切りだされた杉材が日本酒を飛躍的に発展させた樽丸として重宝されたのでしょうか?
それは吉野杉にある特徴が酒造りにとても良く合っていたことがいえます。
1.漏れにくい。(ふしが無く、年輪が細かいため)
2.香りがつきにくい。(アクが少ないため)
3.色が出にくい。(アクが少ないため)
という3つの特徴です。
それぞれの特徴は、吉野林業特有の密植という植林方法により節が少なく年輪が細かい材に育てること。土地の特徴からアクが少ないため香りが穏やかで色合いが淡いピンクといった特徴の材になりやすい。といった、土地と風土の特徴から用途適性を見極めた林業を行っていたからこその樽・桶であったでしょう。
 
また、樽・桶が生まれ灘の酒が江戸へ樽廻船で運ばれていたころ、運搬にかかる日数は10日以上、遅ければ1か月もかかったと云われる。
その樽輸送の間、樽に入れたままでも、香りも、色もつきにくく、もし香りがついたとしても、おだやかで上品な香りだったことでお酒の商品価値を極力下げることがなく運搬するには丁度よく吉野杉による樽丸が重宝されるようになったと云われております。


ふしがなく、年輪が細かいという杉

吉野の風土に合わせた密植という特殊な方法で、杉林の間に沢山の木を植林していきます。
写真にある樹齢200年の木、この間に沢山の木を植えていきます。最初は密集して木には光が当たらず、植林した木は光を求めて上へ上へと伸びていきます。またこの地域は日本一の降雨量を誇る大台ケ原があり、国内でも珍しいジメジメした湿地帯になっている為、光りが当たらないので枝が生えても腐ってしまいます。その為、枝打ちが少なくてすむと言います。ということはふしがない。そして成長と共にちょっとずつ間引いて、木に光を与えていきます。そうすることでまっすぐな太い木ができるというわけです。

また、樽・桶にふさわしいもう一つの特徴として、吉野杉の赤みと白身があります。
それは、側板の断面を見ればわかります。
内側の赤い部分が赤み(木として死んでいる部分)は水を吸わなず、
外側の白い部分が白身(木として生きている部分)で水を吸い上げている。
 
この間に白線帯という部分があり、この線が水を通しにくい層となって、
樽・桶から酒が漏れることを防ぎ、年輪の細かさゆえの密閉性も保たれます。
まさにこの吉野の風土と環境が生んだ木材を使った樽・桶という存在が、日本の酒造りを変え、流通を生んだといえるでしょう。 

美吉野醸造株式会社

吉野の風土に寄り添い、人の心に伝わり、感銘を与え、腑に落ちる酒

  • 飲酒運転は絶対にやめましょう。
  • お酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。